【来客向け】失敗しない!好印象な接待弁当の選び方とポイント!

【来客向け】失敗しない!好印象な接待弁当の選び方とポイント!

取引先との打ち合わせや、新たな商談など、お昼を挟む大事な接待の時は食事をどうするかも悩みますよね。
大人数ではお店を探すのも難しいですし、かといって適当なお弁当をお出しするわけにもいきません。
接待の結果を左右するかもしれない、それほど大切な存在である接待弁当。今回は、そんな接待弁当の選び方をご紹介します。

接待弁当を選ぶときのポイント

見た目が華やか

食事をするうえで味と同じくらい大切なのが、なんといっても見た目です。お弁当箱のつつみを開けたとき、きれいに盛り付けられた料理が目に飛び込んでくるとそれだけでも気分が上がるはず。大切な接待の場ですから、お客様をもてなす気持ちを込めて見た目が華やかなお弁当を選びましょう。華やかな分印象も良いですし、お昼の話題のタネになってくれること間違いありません。旬の食材や色とりどりのお料理は、商談をスムーズに進める手助けをしてくれるかもしれませんよ。

 予算に余裕を持つ

最近はコスパの良い数百円のお弁当も出回っていますが、見た目には限界がありますし、手抜き感が否めません。接待弁当ならセミナー弁当のほどたくさん数が必要というわけでもないでしょうから、予算にはある程度余裕を持つようにしましょう。

とはいえ、高すぎるものを選ぶものかえって印象が悪くなってしまいがち。あまり高そうなものを出されると、「こんなにお金をかけて大丈夫なのか…」と相手が不安になってしまうかも。1,000円台でも良いお弁当はたくさんあるので、お弁当探しをする際には注意をしてくださいね。

 

 接待弁当の選び方

 お弁当箱にもこだわる

見栄えの良い料理を選ぶのはもちろんですが、箱も重要です。せっかく料理が素敵なのに、器がコンビニ弁当のようなプラスチックのものでは少し残念な印象になってしまうかもしれません。
同じプラスチック製のものでも紙箱に収まっているものもありますし、木の模様を描いた凝った装飾のものもあります。木箱に入った上品なものも1000円台からありますから、接待弁当を選ぶ際には箱にもこだわるようにしましょう。

見た目がきれいなお弁当箱

引用元:https://www.funaben.jp/products/detail/236

 栄養バランスや重たすぎないか考える

意外と失敗しがちなのが栄養バランスやお弁当の量です。たとえ良い食材を使っていても、あまり高カロリーだったり、栄養の偏ったおかずではお客様も戸惑ってしまうかもしれません。

また、良いお弁当を求めるあまり重箱の数段弁当のような量の多すぎるものを頼んでしまっては、相手も食べきれないかもしれません。質にこだわるあまり、つい重すぎるものを選ばないように注意したいですね。

 衛生管理が徹底されている

食べるものですから、衛生管理も大切です。お店を決める際にはメニューを見るだけではなく、お弁当箱は使い捨てなのか、そうではないならどう洗っているのか、人数分のお手拭きが用意してもらえるのかどうかなど、きっちり確認しておくことが大切です。接待中は時間の余裕もないので、ごみの回収までついているといいですね。

とはいえ、お店のホームページだけではすべての情報はわかりません。一番わかりやすいのは過去の利用者の口コミです。口コミサイトやSNSで検索をすれば、注文しようとしているお店がどんなお店なのか情報が出てくるはずですよ。

 接待にオススメのお弁当

日本料理 月村

他社の方に安心して出せる接待弁当

月村は、創業70年の歴史がある日本料理店です。月村で使われている和牛は、すべてA4ランク以上の厳選されたもの。魚も毎朝市場で仕入れており、新鮮な食材を腕利きの料理人たちが調理しているので、接待弁当にはぴったりでしょう。季節に応じたメニューも多数取り揃えられているので、1年を通じて旬の料理を楽しむことができますよ。

営業時間 平日9:30~21:00
土日:10:00~20:00
営業エリア

東京都内
(エリアにより最低料金が異なります)

何日前まで注文可能か 1日前の18時まで
配送料 東京23区内の場合は15,000円で配達無料、
金額に満たない場合は別途配送料が必要
飲み物 別売り
ゴミ回収

東京23区内であれば3150円で回収可能。
他の場所についてはお問合せください

URL http://tsukimura.net/

浅草鮒忠

他社の方に安心して出せる接待弁当

浅草鮒忠はうなぎと焼き鳥の専門店であり、銀座や浅草に実店舗があります。仕出し弁当の配達も行っており、伝統ある味はお弁当でも同じ。鮒忠は日本で初めて焼き鳥の販売を始めた店でもあり、お昼の話題にも困らないこと間違いありません。

鮒忠のお弁当の中でも、接待におすすめなのは高級仕出し弁当。鮒忠の自慢であるふっくらとした国産うなぎや、ひとつひとつ丁寧に炭火で焼かれた焼鳥は、お客様に喜んでもらえるはず。食材も色鮮やかで盛り付けもきれいですが、お弁当箱のデザインにもこだわっているので、見た目もとても華やかなものになっています。

営業時間

7:00〜19:00
(web窓口 09:00~17:00)

営業エリア

東京23区内
23区外でも金額により宅配できるエリアがあります。

何日前まで注文可能か 2営業日前の17時まで
配送料 東京23区内は無料
注文金額10,800円以上からお届け
飲み物 web注文でお弁当の数だけご用意
ゴミ回収

注文金額が21,600円以上の場合は可能

URL https://www.funaben.jp/

久ら田

他社の方に安心して出せる接待弁当

久ら田は東京都内で営業している仕出し弁当の宅配のお店です。高級路線のお弁当が多く、接待やお祝い事でよく選ばれています。

久ら田のお弁当のポイントは、「冷めてもおいしい」を意識して作られていること。お弁当は出すタイミングによってはどうしても冷たくなってしまいがち。数が多くなってくると電子レンジで温めるのもなかなか難しいですが、冷めてからも味が変わらない久ら田のお弁当であれば気にする必要はありません。

また、「当たり前のことを当たり前に」というコンセプトのもと、厨房の衛生管理も徹底して行っているそうです。そんな久ら田のお弁当なら、お客様に安心してお出しすることができますね。

営業時間 平日9:00~21:00
営業エリア

東京23区・武蔵野市・三鷹市

何日前まで注文可能か 2日前のまで
配達可能金額

23区内
7000~12000円(エリアによる)
その他
20000円

URL https://shidashi-kurata.com/

接待弁当カテゴリの最新記事