宅配弁当を選ぶ理由ってなに?メリット・デメリットまとめ

宅配弁当のメリット・デメリット

普段の昼食や身内でのイベント、会社のセミナーや接待など、食事の手配をするときに外食にするか、それともお弁当を頼むか悩んでしまうシーンってありませんか?
今回は、宅配弁当を選ぶメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

宅配弁当サービスとは

自宅や会社などにお弁当を配達してくれるサービスのことです。お店によっては1つから宅配してくるところもありますし、セミナーやイベント向けに大量のお弁当を用意して配達してくれるところも数多くあります。
 

メリット

時間を節約できる

宅配弁当なら決まった時間に届けてくれるので、わざわざ買い物に行ったり料理をしたりする必要がありません。お店で昼食をとるという手もありますが、ビジネスシーンの場合はゆっくりお昼をとる時間がない場合もありますし、お店まで移動にも時間がかかります。

また、会社のセミナーや行事の場合はどうしても大人数になってしまうので、収容可能人数の多いお店を探すのにも苦労します。それに比べて宅配弁当は大幅に必要な時間をカットすることができるので、時間がないシーンではぴったりです。

後片付けがゴミをすてるだけ

宅配弁当なら食器を洗う必要もなく、容器を捨てるだけで済んでしまいます。注文した数が多い場合はゴミの回収まで行ってくれる業者もあり、原則は行っていなくても別途料金で受け付けてくれる、という場合もあります。ゴミを捨てるだけとはいえ、数が多くなればかなりの手間なので、忙しいシーンでは回収サービスを活用するのもおすすめです。

メニューが豊富

宅配弁当の店舗は都内だけでも何店舗もあり、和洋中、軽食、オードブルなどさまざまなジャンルのお店を選ぶことができます。ネット検索を使えばお店探しも楽々ですし、お店ごとに豊富なメニューを取り揃えているのできっと気に入るお弁当が見つかるはずです。

衛生管理が厳しい

お弁当という性質柄、食中毒対策としておかずやごはんを冷ましてから箱詰めしているお店がほとんどです。徹底した衛生管理のもと調理が行われているので、安心して食べることができます。

お店によっては24時間注文できる

最近ではwebサイトから24時間注文を受け取れるようにしているお店が多く、日中の営業時間にわざわざ電話する必要はないところが増えています。昼間はどうしても忙しくなりがちなので、いつでも注文できるのはありがたいですし、手軽で良いですよね。

高齢者向けのお弁当や健康志向のものなどもある

歯や顎の弱い高齢者の方のために、食材が箸で簡単に切れるような、柔らかいお料理を使ったお弁当もあります。また、生活習慣病予防を意識した減塩弁当や、ダイエットを意識した低カロリー弁当など、健康志向の弁当を取り扱うお店が増えています。外食をすると必要以上に塩分やカロリーをとってしまったり、栄養バランスを崩しがちですが、宅配弁当ならそういったメニューも簡単に探せるので便利ですよ。

デメリット

お金がかかる

必要な場所に届けてくれるという性質上、配送料がかかったり、最低個数や最低注文金額が定められていることもあります。配送料が定められている店舗はエリアによっては高額の場合もあるため、注文の際には注意が必要です。
お弁当を注文する際、中には1つから可能というところもありますが、そうではない場合がほとんどです。ある程度の金額から、というお店が多いので少人数や少額の場合は宅配弁当には向かないかもしれません。

お店にいくより高級感が薄れる

自宅や会社、イベント会場などで食べるという性質上、どうしても高級感が薄れます。なかでも接待の際には注意が必要で、少人数の場合はお店に行ってしまったほうが良い可能性もあります。
ただし、華やかなお弁当も多く、周りに高級なレストランがない場合は宅配弁当のお店を探したほうがよいでしょう。接待で使うようなお弁当は箱の装飾までこだわっていることが多いので、話題の種にもなるはずです。

衛生面上冷やした状態で届くため冷たい

宅配弁当のメリットのひとつとして、徹底された衛生管理があげられます。ただし、そのデメリットで発生するのが冷たいという問題です。数が多い場合は電子レンジで温めるのにも苦労してしまいます。
しかし、冷えても味が変わらないよう研究しているお店が多く、冷たくても美味しく食べられるお弁当が多いです。最近では簡単にお弁当を温められるキットも出回っており、お弁当に付けているお店も多数あるので、そういったお店を利用することを検討するのもいいでしょう。

量の調節が難しい

お弁当箱の内容量が決まっていたり、実際に届くまでどれくらいの量なのか確認することはできないため、量の調節が少し難しいかもしれません。お店によっては減量やプラス料金による増量を対応してくれる可能性もありますが、必要なお弁当の数が多い場合は対応が難しいでしょう。お弁当を注文する際は、そのお弁当がどれくらいの量のものなのかきちんと確認するようにしたいですね。

宅配エリアがあり宅配できない地域もある

東京都内の場合は全域可能、というところが多いですが、中には23区内のみというところもあります。エリア外にも配送してくれる場合はありますが、別途配送料がかかったり、あまり距離が離れている場合は高速料金が上乗せされる場合もあります。実際に注文する際には、自分のいる場所が対応エリア内なのか必ず確認するようにしてくださいね。
 

人気の仕出し弁当〇〇選

 

 

宅配サービスカテゴリの最新記事